アメリカでインターンシップ

インターンシップとは学生、あるいは社会人経験のある方が企業・団体の中で研修生として働き、将来のキャリアに関連のある就業経験を積むことです。インターン生にとっては研修の中で進むべき道を決める指針となり、企業にとっては入社前に新入社員となる人材を必要な水準まで引き上げることができます。

このようにインターンシップは研修生と企業、双方にとって大きな利点があるのです。 学生の方は勿論、すでに就業経験のある方にも将来のキャリアアップを目指す上で有効なプログラムです。日本とは異なるビジネス文化を持つアメリカの企業でのインターンシップにより、新しい価値観や考え方を発見でき、次のステップへ向けてのキャリア構築が望めます。

またインターンシップと一言に言っても、その期間や形態は様々です。『英語を使う仕事がしたい』『外資系企業に就職したい』『海外を拠点に仕事がしたい』『将来はアメリカで就職をしたい』『もっともっとキャリアアップをしたい』『知識を延ばしたい』『ビジネスセンスを磨きたい』いくつ挙げてもきりがない程、その目標、目的は多種多様にあります。そして、あなたの英語力やこれまで培ってきたスキルなど、バックグラウンドによってご紹介できるインターンシップ企業は異なります。

アメリカでインターンシップをするメリット

アメリカは地域によって全く異なる文化や生活スタイルがあり、その点がアメリカの最大の魅力でもあります。海外で働きたい国として最も人気が高いのがアメリカ、そして海外在留邦人が最も多いのがアメリカです。

アメリカは、世界的にも教育水準が高く、ビジネスの最先端、世界の中心国です。アメリカで学ぶこと、働く経験をすることは、皆さんの将来のために最高な環境が整っている国であると言えます。

アメリカで世界最先端のビジネスの現場を経験し、将来のキャリアにつながる知識・経験・感性・ネットワークを身につけましょう。

アメリカインターンの種類と方法

アメリカでインターンシップをする場合、どのような方法があるのでしょうか。
学生の方、既卒の方、社会人の方などにより、参加できるインターンシップが変わってきます。
下記よりご希望のプログラムについて詳しく見てみましょう。

アメリカインターンでご紹介しているインターンシップ求人

● OPTの主な業種

IT企業、WEB関連、デザイン関連、不動産、医療・福祉、製造メーカー、保険

● OPTの主な職種

IT関連 、WEBデザイナー、グラフィックデザイナー、経理事務、調理師・シェフ、貿易事務

● 短期インターンシップの主な業種

アパレル、コンサルティング、ホテル・旅行、メディア・出版、エンターテーメント(イベント関連)、会計、小売り・卸売り、教育(語学学校)、貿易、飲食

● 短期インターンシップの主な職種

IT関連、WEBデザイナー、WEBプログラマー、ウェディングコーディネーター、カスタマーサービス、グラフィックデザイナー、コンサルタント、ツアーコーディネーター、バイヤー、フォトグラファー、ヘアスタイリスト・メイクスタッフ、ホテルスタッフ、マーケティング、一般事務、企画・運営・編集、営業、教師・保育士、経理事務、調理師・シェフ、販売・接客、貿易事務

● アメリカインターンがご紹介する主な地域

アラスカ、グアム、サンディエゴ、サンフランシスコ、ニュージャージー、ニューヨーク、ホノルル、ロサンゼルスなど
※アメリカインターンではアメリカ全土で独自開拓したホストカンパニーをご紹介しています。
ニューヨークインターンシップ特集
ロサンゼルスインターンシップ特集

アメリカインターンシップについてよくあるご質問

Q. インターンシップの参加条件は?

A. 有給インターンシップができるJ-1ビザ、OPTなど、ビザの種類によって条件があります。また、希望する業種や職種によっては、何らかの資格や、一定の英語力を必要とする場合がありますので、まずは英文レジュメもしくは日本語履歴書をご提出ください。弊社にてインターンシップ参加が可能かどうか、無料査定させて頂きます。

Q. インターンシップはどのくらいの期間できますか?

A. 最短2週間から最長18か月と、インターンシップの種類によって異なります。取得できるビザの種類やご希望の滞在期間でご検討ください。

Q. どんな会社でインターンシップができますか?

A. メディア、アパレル、食品関連やイベント関連のお仕事、会計事務所や法律事務所、ホテル、不動産、ファッション系やコンサル系のお仕事など、多岐に渡り様々な職種をご用意しております。

Q. インターンシップでお給料はもらえますか?

A. J-1有給インターンシップまたはOPTでは有給のインターンシップがご紹介できます。2週間~12週間の短期インターンシップは無給のトレーニングとなります。