インターンシップをする上で知っておいてほしいアメリカ基本情報

これからアメリカのインターンシップに参加したい方へ、お伝えしたい基本情報をまとめてみました!

アメリカで仕事を体験してみたい!そんな皆様の希望を叶えるために、アメリカインターンドットコムを運営する SKYUS では、世界中のビジネスマンが集まるマンハッタンを中心としたニューヨーク、サンタモニカやハリウッドで有名なロサンゼルスを拠点に、アメリカにある企業でのインターンシップをご紹介しております。

主な地域の特徴

・ニューヨークの特徴

世界経済の中心でグローバル最前線を体験、しっかり実績を作りたい方、都会が好きな方向け
▶ ニューヨークインターンシップ特集 

・ロサンゼルスの特徴

西海岸の温暖な気候を満喫、グローバルの第一歩にお勧め、自然が好きな方向け
▶ ロサンゼルスインターンシップ特集

アメリカのビジネススタイルとマナー

海外で生活・仕事をする上で、事前に知っておくと良い情報を皆さんにお伝えします。

・ビジネススタイル

日本では、周りの人に合わせて仕事を行うことが多く、協調性を大切にする文化がありますが、海外では様々な人種・国籍の方が混在しており、色々な言語・思考を持った方々と一緒に働くことが多くなります。

そんなグローバルな環境で働いていくには、他人に左右されずに自分のペースで黙々と仕事をする、良い意味でも悪い意味でもマイペースを求められます。相手に何かをして欲しい時は、しっかりと言葉で伝えないと伝わりません。日本のように空気を読んでくれない、、なんて思い悩んでしまうこともあるかもしれません。思ったことは言葉にして、しっかり相手に伝えてコミュニケーションをとりましょう。

また、会議などでも自分の意見をはっきり伝えることや、上司・部下等の立場に関係なく意見を言い合う風潮があります。日本では静かに上司だけが話をするような会議も多いので、最初はビックリする方も多いのですが、海外では珍しい事ではありません。

自分の常識範囲を広げて、他国の常識も理解していく事が重要です。

・生活マナー

滞在先のシェアメートや海外の友人などと良い関係を築いて海外生活を充実させるには、コミュニケーションを上手にとること。言わなくても察して欲しいという考えでは誤解が生まれてしまう事も多々あるので、気を付けなくてはいけません。

理解できないことは理解できるまで、しっかり確認すること。自分の気になる点はきちんと伝えることで生活もしやすくなります。語学力が低くても、誠意をもって伝える努力が大切です。時間をかけてコミュニケーションを取れば、相手はしっかり理解してくれます。

また、アメリカで、すれ違う人に “Good Morning!”と声をかけられたら、皆さんも挨拶をしてください。ぶつかってしまったら必ず “Sorry!” と謝りましょう。扉を開けてもらったら、”Thank you!” とお礼を言いましょう。怖がらないで、声を出して生活を充実させましょう。

・ワーキングアワーと休暇について

アメリカの基本的なワーキングアワーは日本とあまり変わりなく、月曜日から金曜日、午前9時(10時)位から、5時(6時)で働く人が多いですが、あまり残業をするというイメージはなく、金曜日は夕方4時にはオフィスは真っ暗という会社も多いです。

特に夏時間は夜の9時頃まで明るいので、仕事帰りもどこかに立ち寄ったり、野外でのレジャーを楽しんだりしています。業務時間はしっかり仕事をして、業務時間外はしっかり楽しみましょう。

アメリカの祝日は日本に比べて少ないのと、お正月といった年末年始の概念がなく、その代わり、11月の第4木曜日から4連休となる Thanksgiving Day (サンクスギビングデー) が、日本で言うお盆やお正月に似ています。アメリカの人々は、この時期に故郷に帰り、家族と一緒に休日を過ごしたりします。

【その他、アメリカの祝日】

1月1日(水) New Year’s Day 元日
1月20日(月) Birthday of Martin Luther King, Jr. キング牧師生誕記念日
2月17日(月) Presidents Day/Washington’s Birthday 歴代大統領を称える日/ワシントン生誕記念日
5月25日(月) Memorial Day 戦没将兵追悼記念日
7月4日(土) Independence Day 独立記念日
9月7日(月) Labor Day 労働感謝の日
10月12日(月) Indigenous Peoples Day/Columbus Day 先住民の日/大陸発見記念日
11月11日(水) Veterans Day 退役軍人の日
11月26日(木) Thanksgiving Day 感謝祭
12月25日(金) Christmas Day クリスマス

海外で安全に暮らすために

日本は島国という事や歴史的な背景もあり、海外に比べるとグローバルなイメージがありませんが、一歩海外に出ると様々な人種の方・国籍の方が混在している国がほとんどです。特にアメリカは、様々な文化で育った人々が一緒に暮らしている代表的な多民族国家です。色々な人々と触れ合うのはとても刺激的で勉強になる事もたくさんあります。日本では絶対に出会う事のない人達と出会えるのが、ここアメリカだと実感しております。

これからアメリカに行く皆さんに安全に生活していただく為に、是非、知っておいて欲しい注意点をお伝えします。

・人種、宗教、政治の話題は注意

日本人の方が想像している以上に、人種差別や宗教差別は深刻です。特定の人種を差別する言葉や宗教を軽視する言葉を使用する事はやめましょう。日本人の方は良く意味を理解せずに使用してしまう事がありますので注意です。また、海外では政治に関心の強い方が多くいらっしゃいます。日本と政治的に衝突している国も中にはあります。軽い一言で事件に巻き込まれてしまうこともあります。折角なので関心を持っていただきたいですが、まずはしっかりと理解してからお話をする様に心掛けてください。他の方と衝突する様な表現やお話はされないようにお願いいたします。

・夜道を一人で歩かない、治安の悪い地域で遊ばない

アメリカは日本とは違い、銃社会です。事件に巻き込まれると命に係わる事があります。事件に巻き込まれない様に、一人で夜道を出歩いたり、治安がよくない場所に行かない事を心掛けてください。地元の治安情報は、到着時に必ず確認して安全な場所で楽しみましょう。

・異性とは公共の場所で会う

英語の勉強を目的に外国人の友達を作りたいという日本人は多いと思います。性的な目的で近づいてくる外国人も大勢いますので注意が必要です。なるべく、公共の場で会う事を心掛けてください。二人きりになるような状況は避けましょう。誘われても一人で家に遊びに行ったり、車に乗るのは危険です。自分の身は自分で守る、強い気持ちを忘れずに、目的意識をしっかり持って生活しましょう。