アメリカインターン:ニュース

OPT (Optional Practical Training)で仕事が見つからない方へ

2020年12月7日

OPTを利用してキャリアアップしよう!

アメリカへご留学の皆さん、学校を卒業後にOPTを利用してアメリカで仕事を体験したい!そんな希望を持って留学したのに、肝心な企業が見つからない、、と嘆いている方もいるのではないでしょうか。

日本人のOPT利用者は他の国に比べ少ないというデータも出ております。ご自身で探しても企業からなかなか返事が来ない、英語での面接がうまくいかない、などの様々な理由があるようです。

せっかくアメリカ留学をして、学位を取得してきたのだから、卒業後の1年間、アメリカのビジネスの現場で働くチャンスを是非、活かしていただきたい!そして今後のキャリアに繋げていただきたい!と強く願っております。

企業が見つからない理由には下記の点が挙げられます。

  • 気に入った企業がない
  • 企業をたくさん受けたけど不合格
  • どうやって企業を探したらいいのか分からない

それぞれの理由について、対策方法をご紹介します!

◎気に入った企業がない

期間内にOPT受入れ先を見つけるには、ある程度の妥協は必要になると思います。アメリカ留学で学んだ専門職を経験したい、最前線で活躍したいという希望はもちろんあると思いますが、OPTは就業未経験、また1年間という短い期間となるので、受入企業側にとっても慎重に判断する必要があります。

あまり専門職に特化してしまうと受入企業の選択範囲が狭まってしまいます。それよりもアメリカで働く経験を積むという事をメインに考え、学んできた専攻に少しでも近い企業を見つけて1日でも早く業務を開始する事が重要です。

これまでお手伝いさせていただいたOPT利用の方々の中にも職種にこだわりすぎて企業を見つけられず帰国してしまった方もいます。第一希望の職種ではない企業でOPTを始めたけど、現場でとても活躍し、最終的に自分のやりたい部署につけた方もいます。まずは、どんな業務も経験としてチャレンジする、といった精神で取り組んでみて下さい。

◎企業を受けたけど不合格

頑張って書類を揃えてエントリーしたのに不採用になってしまうと、とても落ち込んでしまいますね。採用に関してはタイミングなどもあり、よく「ご縁」という風に言われますので、めげずにどんどんチャレンジしていきましょう。

ただ、それでもなかなか見つけられないという方はいらっしゃいます。特にニューヨークやカリフォルニアなどの大都市圏以外に留学している学生さんには情報も行き届かず、不利になることもあります。

弊社SKYUSの場合は、OPTご希望の学生さんには一定のお申込金で受入企業が見つかるまで企業をご紹介させていただいております。期間内にしっかり受入企業が見つかるよう全力でサポートさせていただきます。

面接でのポイントや企業の雰囲気など、直接企業に関わっている現地スタッフからのアドバイスが聞けるのも現地オフィスがある強みです。

◎どうやって企業を探したらいいのか分からない

OPTの場合、大学の就職サポートを利用して受入企業を見つけたり、インターネットを通して企業のリサーチをし、履歴書を送るなど、ご自身で企業を探す方法は様々だと思います。ただ、外国人を受け入れる企業が少なく、個人のリサーチでは限界があります。

ご料金が発生しますが確実に企業を見つけるためにも、あまり時間をかけずにエージェントに頼って企業を見つけるのも一つの方法です。SKYUSでは、なるべく皆様のご要望に近い企業をご案内させていただいております。また、SKYUSに登録している企業は、受入実績もあり、信頼性のある企業のみのご紹介となるので安心です。研修期間中のサポートも充実しております。

OPTポストコンプリーション (Post-Completion)期間、卒業後に受入企業が見つからず90日が経過してしまうと、ビザの延長方法が無い場合、アメリカでの滞在資格が失われてしまいますので注意が必要です。時間に余裕を持って受入企業を探されることをお勧めいたします。


アメリカインターン.comを運営するSKYUSでは、ニューヨークとカリフォルニアの日本人アドバイザーが、皆さんのご経歴を伺いながらインターンシップ企業探しのアドバイスとお手続きをしています。
まずはお気軽にお問い合わせください。

あなたに合ったOPT受入企業があるかどうか、無料でアドバイスいたします!
🔗OPT無料査定

LINEからのお問合せはこちらから!

☆無料オンライン相談も実施しています。
🔗オンライン相談のご予約はこちらから!