チップ

チップ(Tip、Gratuity)について

日本人がアメリカで生活を始めたばかりの頃、よく悩まされるのがチップの習慣です。

サービスに対するお礼として渡すのですが、本来は自発的なもの。しかし、レストランやタクシー、ホテルなどでは、渡さないと文句を言われたりします。私自身の経験ですが、タクシーを降りる際、ポケットの小銭を渡したら運転手から投げ返されてびっくりしたことがありました。まだまだアメリカ滞在の日が浅かったころです。

レストランで・・・

レストランでは、総額の

15~20%

をチップとして追加します。現金で支払う場合は、席を立つときにテーブルかトレイに残します。クレジットカードで精算する場合は、サインをする時に、チップの欄に額を入れ、それを足して合計を書きます。最近は、ファーストフード店やカフェなど、セルフサービスのお店でも会計の際にチップを請求されることがあります。これはアプリを使ったタブレットをお会計の際に導入しているお店に多く、タブレット上で、何パーセントのチップを置くか選ぶことが出来ます。パーセンテージは自分で選ぶことも出来ますし、18パーセント、20パーセント、25パーセントなどすでに設定されている場合もありますが、No Tipというボタンもありますので、必ずしもチップを置く必要はありません。ファーストフード店やカフェ等では、店員さんの対応にもよりますが、10~15パーセントほど置いておくのが無難でしょう。

みんなチップのために頑張る?

チップをたくさんもらおうと、ウェイターやウェイトレスは愛想良くします。ちなみに、彼らが担当するテーブルは決められていて、他のテーブルの顧客には原則サービスをしません!したがって、何かをお願いするときは自分のテーブルを担当している人が来るか気がついてくれるのを辛抱強く待たねばなりません。

ゼロはルール違反

満足するサービスであれば20%をメドに、全く評価できなければ10%程度でもいいですが、全くゼロというのはやはりルール違反です。セルフサービスの店ではチップは不要ですが、カウンターに置いてある容器に小銭を入れることはあります。日本人やアジア人が良く行く店では、チップの金額を含めて料金を請求される場合があります。その場合は総額だけど払い、追加して二重に支払う必要はありません。ですから、請求書の内訳はよく確認することが大事です。

タクシーで・・・

タクシーでは通常、料金の

15%程度

を加算しますが、重い荷物を運んだり、場所を探すのを手伝ってもらったりしたら余分に支払って感謝の意に変えます。空港リムジンの場合は、預けた荷物があれば、下車時にそれを渡してもらう際に1ドル程度を渡します。

UberやLyftのライドシェアで・・・
基本的に、ライドシェアサービスを使う際、運転手へのチップは義務ではありません。その代わり、タクシードライバーのように、トランクから荷物を出したり、ドアを開けてくれたり、などのサービスもありません。チップを渡したい場合は、現金ではなく、降車したあとに、アプリ上でチップの入力画面で支払うことが出来ます。あまりにも危ない運転や道を何度も間違えたりした場合は、チップを払う必要はないですが、良いサービスを受けた際は気持ちばかりのチップを払うのがマナーです。

ホテルで・・・

ホテルでは、荷物を運んでもらった場合は、1~2ドル

ドアマンやコンシエルジュには、何かを頼んだときに、1~2ドル

部屋では、毎日1ドル程度

を枕に置くか、チェックアウト時にまとめて何ドルか部屋に残しておくようにします。

その他・・・

美容院やマッサージなど、個人的に決まった人に担当してもらっている場合には、

20% ほどを料金に上乗せして支払うのが一般的です。

いずれはスマートに

どの場合にどのタイミングでどれほどチップを払うか、日本人にはない習慣なので、最初は大いに戸惑いますが、サービスへの対価なのでその質を評価して額を決めるという自主性もあり、慣れればスマートに渡すことができるようになってきます。


アメリカ生活情報

無料査定、無料カウンセリング、無料英語レベルチェック実施中

求人の詳しい情報やインターンシップ後のキャリア相談などお気軽にご相談下さい。

電話問い合わせ
カリフォルニア+1-619-326-8817
ニューヨーク+1-424-247-2017
東京+81-3-5786-1850

電話問い合わせ

カリフォルニア+1-619-326-8817
ニューヨーク+1-424-247-2017
東京+81-03-5786-1850
求人をさらに読み込む