ソーシャル・セキュリティー・ナンバー

ソーシャル・セキュリティーについて

ソーシャル・セキュリティー・ナンバーアメリカ生活を始める上で、最も基本となるのが

>SSN(Social Security Number)

の取得です。アパートや携帯電話などの契約、そして納税など、アメリカ生活を送る中で多くの場面でこの番号の記入が必要となります。社会保障庁(ソーシャル・セキュリティー・アドミニストレーション・オフィス)で発行されるソーシャル・セキュリティー・カードに記載されている番号は、身元確認する際に必ず確認される番号です。 SSN取得には、パスポートの期限が有効であり、入国時にパスポートにホッチキスで添付される移民局のフォームI-94の期限が有効である事が必要です。

SSN取得方法

最寄のソーシャル・セキュリティー・アドミニストレーション・オフィスへ行き、申請を行います。最寄オフィスは下記ウェブサイトで調べることができます。
https://secure.ssa.gov/apps6z/FOLO/fo001.jsp

申請時必要なもの

  1. 滞在ビザ
  2. 労働許可カード

    (J1インターン生の方はDS2019フォーム)

  3. パスポート

上記のものを持参して、オフィスにある申請用紙(SS-5)に必要事項を記入します。申請用紙は事前にウェブサイトからダウンロードをして印刷するか、電話(1-800-772-1213)で事前に取り寄せることもできます。申請料は無料で、通常申請後2~3週間以内に郵送されてきます。

SSNカードの種類

ソーシャル・セキュリティー・カードには3種類あります。

  1. アメリカ市民とアメリカ永住者に発行されるもの
  2. NOT VALID FOR EMPLOYMENT

“労働不可”と記載されたカードで、一定期間アメリカに入国を許可された外国人で就労の為でなく他の用途でカードが必要な人に発行されます。

VALID FOR WORK ONLY WITH DHS AUTHORIZATION

“国土安全保障省の許可がある場合のみ”と記載されたカードで、J1インターン生のみなさんはこちらの③のカードが送られてきます。

留学生はSSN取得困難

現在、留学生の方はSSNを取ることが困難になりました。留学生は学校内のみでアルバイトとして働くことが許可されています。その場合のみ学校からの書類と有効な学生ビザ、I-20を持っていけば、SSNを申請する事が可能です。

カードを紛失・登録情報変更をする場合

SSNは生涯一つの番号を使用するもので、結婚や離婚などで氏名、住所、ステータスが変更になっても番号はかわらないが、速やかに最寄のオフィスに届け出る必要があります。また、紛失した場合は無料で再発行してもらえます。

ソーシャル・セキュリティー・オフィスのウェブサイト

http://www.socialsecurity.gov/
24時間自動応答電話:1-800-772-1213


アメリカ生活情報

無料カウンセリング実施中

求人情報の詳しい情報、インターン後
のキャリア相談などお気軽にご相談下さい。
東京オフィス 03-5786-1850
大阪オフィス 06-6232-8615
東京オフィス 03-5786-1850
大阪オフィス 06-6232-8615
求人をさらに読み込む