銀行チェック

銀行チェック(小切手)

アメリカで生活を始めるにあたって欠かせないのが

チェック(小切手)

。まずなぜチェックが欠かせないかには、大きく分けてふたつの理由があります。ひとつ目は、アメリカで”多額の現金を持ち歩く”のは危険だということ。そしてふたつ目は”家賃や光熱費”などはパーソナルチェック(個人用の小切手)で支払うか、銀行口座から自動的に引き落とすのが一般的となっているからです。チェックを使えるようにするためには、まず銀行でチェッキングアカウントを開く必要があります。初めて口座を開いた時は、銀行が一時的に使用できるチェックブックを数枚無料で発行してくれますが、1週間くらいで自分の名前と住所が印刷されたチェックブックが届きます。 チェックの書き方は、まず右上にDATE(日付)を書きます。次に、PAY TO THE ORDER OF(宛先)を記入します。その横の$のところに、数字で金額を入れます。さらに宛先の下に、金額を英語で記入します(例:$1250.40の支払の場合、one thousand two hundred fifty and 40/100)。そして最後に、右下にサインを書いて完了。

チェックでの支払いは必ず記帳

チェックでの支払いは、記入した金額がチェッキングアカウントから自動的に引き落とされるシステムでほとんどの支払に使用できます。 チェックを使ったらチェック番号と日付、支払先、金額を記録帳に記入しておきましょう。アメリカでは、機械が書き込むシステムが無い為、個人で責任を持って残高を管理することが大切です。現金と同様に使えて便利なチェックだが、残高を超えてチェックを発行しないように気をつけなければなりません。不渡りになると、手数料をとられるので、注意してください。 逆に、あなた宛に支払チェックを受け取った場合、チェックを入金する場合は、そのチェックの裏にある指定位置に署名をし、入金をする。入金方法は、銀行に出向き入金フォームを記入して、窓口で入金をするか、もしくはATMマシーンからでも入金が可能です。

アメリカ生活情報

無料カウンセリング実施中

求人情報の詳しい情報、インターン後
のキャリア相談などお気軽にご相談下さい。
東京オフィス 03-5786-1850
大阪オフィス 06-6232-8615
東京オフィス 03-5786-1850
大阪オフィス 06-6232-8615
求人をさらに読み込む