ハワイでのバスの乗り方

ハワイでのバスの事情について

白と黄色の車体や、レインボーカラーの車体がハワイらしさを出しているホノルル市営バス「ザ・バス」はオアフ島内全体に交通網が張り巡らされていて、便利で経済的な交通手段としてローカルに愛されています。

バスの停留所

“TheBus”という黄色の表示を目印にバスを待ってください。
場所によっては、通る路線の番号が書かれているものもあります。

バスの行き先

系統番号と行き先がバスの正面と、乗車口近くに書かれています。同じ行き先でも経由が違うこともあるので、事前のリサーチをお勧めします。路線や時刻表アラモアナショッピングセンターのサテライト・シティーホールや、TheBusのウェブサイトTheBus.orgから入手できます。

料金

どこへ行くにも大人$2.25、6~17歳は$1.00です。大人同伴の5歳以下の幼児は無料(ただし、2人目からは子供料金適応されます)。料金は運転手の横にある料金箱にお釣りのない様に入れてください。

お釣りも出ませんし両替機能もありません

ので、料金はきっちり用意しましょう。1か月のバスパス大人$50、6~17歳$25は毎月1日の前後10日間(合計20日間)のみ購入が可能です。 最寄りのセブンイレブンのレジ又はフードランドのカスタマーサービスカウンターでのみ発売されています。 観光で短期滞在の方にはワイキキ内のABCストアーで購入が可能なディスカバリーパス$25(4日間乗り放題)がお勧め。

乗車

前方の乗車口から乗車し、運転手横の料金箱に料金を入れるかバスパスを運転手に提示する。 乗車料金を支払った場合、

「トランスファー・プリーズ」

と言って、

乗換券をもらう

のを忘れずに!!!乗換券は上部切り口の時間帯まで有効で1回の乗り換えに限り有効です。乗車時にこのトランスファーをもらっておかないと、乗換時に再び料金を支払わなければならなくなります。

下車

折りたい場所の手前で窓の上のワイヤーを引けば、次の停留所で止まります。

ドアは自動ではありません!

中央部にある降車口で、ドア上部のグリーンランプが点灯中にドアを自分で押して下車する。ハワイのバス停には名前が付いていないので、降りる場所がよくわからない場合はあらかじめ運転手に行き先を告げ、その場所に着いたら教えてくれるよう頼んでおくとよいでしょう。


アメリカ生活情報

無料カウンセリング実施中

求人情報の詳しい情報、インターン後
のキャリア相談などお気軽にご相談下さい。
東京オフィス 03-5786-1850
大阪オフィス 06-6232-8615
東京オフィス 03-5786-1850
大阪オフィス 06-6232-8615
求人をさらに読み込む