クレジットカード(Credit Card)

クレジットカード社会、アメリカ。そのように言われるくらいアメリカという国はクレジットカードを使っての生活が当たり前となっており、クレジットカードは生活する上での必須のアイテムです。ここアメリカではコーヒーを一杯買うにもクレジットカードを使うのが当たり前で、これは現金を持ち歩くことが例え小額であっても危険という考えから来るものと、昨今のクレジットカードは色々な特典がもらえることがあるため、同じ買い物をするにも少しでもトクしたいという消費者心理があるからと考えられます。
 
でも、アメリカのクレジットカードを作るには必ず"クレジットヒストリー"とよばれる個人の信用が必要になってくるのです。クレヒスと呼ばれるこの履歴がないと通常アメリカのクレジットカード発行会社はカード発行審査を通してくれません。

クレジットヒストリー(クレヒス)って何?

そもそもクレジットヒストリーって何?という質問は良く聞きますし、この言葉をアメリカでは良く耳にすると思います。読んで字のごとく、"信用の履歴"、個人の信用するための情報の歴史とも言えます。これはソーシャルセキュリティー番号によって管理されているもので、アメリカにおいて個人の年収や家賃などの住宅情報、勤務先などの属性情報と呼ばれるものと、ローンや公共料金の支払いについての情報などを含めた信用に関する情報です。これを分かりやすく統計的に数値化したものを一般的にクレジットスコアという数字として表しています。
 

クレジットヒストリーを構築する方法

米国で銀行の口座を作ると「クレジットカードを作りませんか?」と言われることがあります。クレジットヒストリーがないと通常のクレジットカードは審査が通らないのですが、セキュアカードというタイプのクレジットカードは発行してくれる銀行もあります。
 
これは担保のように銀行に預け金を置いておくことで、預けたお金の金額分を使用限度としてクレジットカードを発行するというものです。例えば$300を担保とした場合、限度額が$300のカードを発行してくれるので、それを使って支払期日までに支払をしていくことでクレジットヒストリーを築くことができます。
 

しかし注意が必要

クレジットヒストリーを構築するためにまずセキュアカードを発行してもらうという方法を良く使う方がいますが、これには落とし穴があります。APR(年間利子率)が非常に高い等条件が良くないことが多いので、ご利用には十分に気をつける必要があります。また、預けたお金もしばらくの間は信用がないため返ってこないので注意してください。
 

クレジットヒストリーが無い人でも発行可能なカードを作る

「クレジットカードを発行したい、しかしセキュアカードを使用するのは不安」という、特に日本からアメリカへ来られる日本人向けにクレジットヒストリーがなくてもクレジットカードを発行してくれるクレジット会社があります。それがプレミオ・カード、プレミオ・プラス・カードです。
 
【公式サイト】アメリカで日本の安心をあなたに
PREMIO(プレミオ)

 
プレミオはアメリカへと来られる日本人に向けたクレジットカードの発行、そしてバイリンガルでのサポートを行うクレジットカード会社です。ホームページから申し込むことができ、"簡単、便利、安心"です。クレジットヒストリーの無い方には、日本での信用情報も含めて独自の審査をしているため、担保をとられることがないアメリカのクレジットカードです。APR(年間利子率)も特別に低いレート設定がされている優遇措置が受けられ、またお支払額に応じたキャッシュバック特典が付くなど、ヒストリーがなくても持つことができるクレジットカードとしては有難い特典のつくカードでもあります。また、日本語でサービスしてくれるので、困ったときも安心してサポートを受けることができます。
 

なぜクレジットカードがあると便利なのか

では、そもそもアメリカでクレジットカードがあるとどうして便利なのか?クレジットカードの利便性を知るにはデビットカード(Debit card)との違いを知ると良く分かると思います。銀行口座を持つと必ずATMカードやDebit Cardと言われるカードを発行してもらえます。一見するとVISA等のロゴがついているので、これもクレジットカード?って思ってしまうかもしれませんが、Debit Cardは現金と同等の扱いなのでクレジットカードではありません
 
現金を持ち歩く代わりにこのカードを持っているだけです。このカードは使ったその日のうちに銀行の口座からお金が差し引かれます。銀行口座にある預金残高以上には使えない仕組みになっていますし、万が一残高以上に使ってしまうとペナルティーが課せられます。またDebit cardはクレジットヒストリーにも反映されません
 
それに対してクレジットカードは特定の日に残高がなくても信用をもとに発行されているため、限度額までは利用することができます。支払いの期日までに最低支払い金額以上を返済すればペナルティーはありません。ただし、全額を返済しない場合はAPRに基づいて利子がかかることになりますから注意は必要ですが、急に車が故障して修理費用にまとまった金額の支払いが必要という時など有事の際には大変便利です。
 
Debit Cardは現金と一緒なので、使っても特典などはありませんが、クレジットカードは色々な特典がもらえることが多いので、賢く使えば得をするように出来ているのです。
 
なんといってもDebit Cardの恐いところはその日のうちに口座から引き落としされていること。不正利用といって、自分ではない他人にカードの情報を盗んで利用されてしまうと、不正利用された時点で口座からお金が消えてしまうなんていうことに...。その点、クレジットカードは不正な請求がたとえ発生してしまっても、自分の利用ではないことを申し立てることで不正に利用されたものは支払う義務がありませんので、その点とても安心です。
 
 
これからアメリカへ渡られる方、あるいはアメリカに滞在されていてクレジットカードが必要な方は、プレミオをご利用されてみてはいかがでしょうか。
 
アメリカ生活情報
アメリカ インターンシップ お問い合わせ アメリカインターン・選ばれる理由 アメリカインターン・スタッフ紹介 アメリカインターン・社長の想い アメリカインターン・カウンセリング予約 アメリカインターン・メール相談

アメリカインターンシップの事ならアメリカインターン・ドットコム

アメリカインターン・ドットコム ハワイインターンシップ アメリカ留学 海外研修 海外インターンシップ

© 2016 アメリカインターン・ドットコム. All rights reserved. 【 アメリカで働くならアメリカインターン