アメリカの携帯電話

アメリカの携帯電話について

携帯電話は英語で、Mobile Phone(モバイルフォン)やCell Phone(セルフォン)と呼ばれています。アメリカでの使用目的の主は通話とTextメール(携帯同士のメール)です。携帯の契約・解約も日本とは全く異なりますので、下調べが必要となります。

アメリカにある携帯会社

米系の携帯会社(例: T-mobile, Verizon, AT&T、Sprint等)で契約・購入される際に、ソーシャルセキュリティー番号(社会保障番号)の提示が必要となる場合があります。ソーシャルセキュリティー番号が無い場合、Deposit(保証金)を支払う事により、契約できる携帯会社もあります。こちらのDepositは毎月の支払いを滞らずに支払いし、契約期間が満期となれば返金されますが、出来ることなら払いたくないお金です。

アメリカ国内の日系携帯会社

アメリカの中でも大都市には、日系の携帯会社も多く進出しています。例えば、KDDIやDocomoが日系の携帯会社としてオフィスを構えており、日本語でのサービスも充実しています。また、最大の強みがパスポートとクレジットカードがあれば、その日のうちに契約・買取ができるという点です。ほんの30分の手続きですし難しい説明も全て日本語となりますので、何より安心です。

携帯電話のプラン

通常、一年以上のコントラクト(契約)を結び、携帯電話を購入する流れとなります。一年未満の滞在を予定している留学生はプリペイド携帯を購入されたり、短期からでも契約できる携帯会社にて電話を購入されます。万が一、契約期間内に解約する事となると、ペナルティーとして違約金を請求される事がございます。

携帯電話には沢山のプランがあり、主に月々の無料通話時間で費用が変わります。アメリカの携帯電話は、

通話・メールの発信のみではなく受信にもお金がかかります。

 

また、アメリカでは、通話やTextメール(携帯同士のメール)が頻繁に使われます。スマートフォンの場合、ネット代金、通話料も含め$80~$100/月となっています。

注意事項

・アメリカの携帯は、発信と着信に通話料がかかります。

・多くの留学生は日本からローミングサービスを利用して携帯電話を持参されますが、この場合、通話にかかる費用はとても高いのでお勧め致しません。

・プリペイド携帯は、アメリカの電気製品ストアなどで携帯の端末とプリペイドカードを購入して契約なしにすぐ使うことができます。

・最近では、SIMフリーの携帯も多いため、SIMカードだけをアメリカ現地で購入され、携帯本体はそのまま使用されるかたも多いです。




アメリカ生活情報

無料査定、無料カウンセリング、無料英語レベルチェック実施中

求人の詳しい情報やインターンシップ後のキャリア相談などお気軽にご相談下さい。

電話問い合わせ
カリフォルニア+1-619-326-8817
ニューヨーク+1-424-247-2017
東京+81-3-5786-1850

電話問い合わせ

カリフォルニア+1-619-326-8817
ニューヨーク+1-424-247-2017
東京+81-03-5786-1850
求人をさらに読み込む