アメリカインターンシップのハワイ特集

海外ウェディングと言えばハワイ


海外ウェディングの場所としてハワイを選ぶカップルは全体の67%を占めていると言われており、ハワイは根強い人気を誇っています。ハワイ州観光局(HTJ)でも、挙式を含む「ロマンスマーケット」を観光業の柱の1つとして力を入れています。ハワイは日本から近いというだけでなく、治安も良く、気候もとても良く、写真撮影のロケーションの多さや挙式後に観光も楽しめるということが人気の理由です。また、ウェディングも、キリスト教式だけでなく、古代から伝わるスピリチュアル・スポットでの挙式をはじめ、ハワイならではの様々な趣向を取り入れたウェディングができるので、カップルの希望に合わせたオリジナリティある演出ができるのも人気の一つとなっています。


ハワイのウェディング業界で就労経験を


もう一つの大きなハワイウェディングの人気の理由として、海外でありながら日本的なきめ細やかなサービスも受けられ、言葉や慣習の違いに不安をあまり感じずウェディングができるという点があります。そんな根強いハワイウェディングの人気を支えているのが、ハワイのアロハスピリットと日本のおもてなしの心で、お客様の大切な一時を演出している現地のウェディング会社です。そんなハワイのウェディング業界で、約1〜3ヶ月間の就労体験が出来るのがハワイ短期インターンシッププログラムです。実際の海外ウェディングの現場で就労体験をすることが出来るので、ウェディング業界で働きたいという方、またすでに働いているが海外ウェディングの経験を積みたいという方にとって、アメリカインターンシップの経験は大きなアピールポイントとなるでしょう。


インターンシップはこんな方におすすめ


  • 海外ウェディングの現場を体験されたい方
  • ハワイの知識、ハワイウェディングの知識を深められたい方
  • 日本でのウェディング業界への就職活動のアピールポイントを作りたい方
  • ハワイの現地会社にて就労経験をされたい方


気になるインターンシップの参加条件とは


ハワイのウェディング業界は、真剣に業務に取り組む姿勢、知識を身につける姿勢さえあれば、学生から社会人、経験者から未経験者、学歴・職歴を問わず幅広く受け入れていただくことができます。

  1. インターンシップ期間は3ヶ月未満(※)
  2. 学生や社会人を問わず参加可能
  3. 英語力は不問(日常会話レベルあれば尚良し)
  4. 業界経験者のみではなく未経験者も参加可

※アメリカで3ヶ月以上のインターンシップをする場合、専門のビザおよび滞在許可証を申請・取得する必要があり、それぞれ高い申請条件が設けられており、また取得費用が発生いたします。

インターンシップ募集中のハワイのウェディング会社


【求人番号601】高品質なサービスを提供するブライダルサロンのウェディングプランナー
【求人番号628】クオリティーに定評があるフォトカンパニーでのフォトグラファー
【求人番号658】老舗ブライダルサロンでのヘアスタイリスト
【求人番号706】カスタマイズ挙式が得意なブライダルサロンでのアシスタント
【求人番号1098】細やかなサービスを目指すブライダルサロンでのウェディングプランナー
【求人番号1099】大手ブライダルサロンでのウェディングプランナー
【求人番号1100】リゾート挙式に力を入れている企業のウェディングプランナー
【求人番号1101】オリジナルプランを提供するフォトカンパニーでのフォトグラファー


アメリカやハワイのインターンシップにご興味のある方は

アメリカやハワイでのインターンシップにご興味がある方は、ぜひご相談ください。GCS Group USAでは、アメリカの主要都市を拠点に、日本の社会人や学生の方、アメリカの留学生の方を対象に、アメリカでのインターンシップアメリカ留学のサポートをおこなっているエージェントです。また、日本とアメリカにそれぞれ直営のオフィスがございますので、渡航前のみならず渡航後のサポート体制が整っております。

アメリカ インターンシップ お問い合わせ アメリカインターン・選ばれる理由 アメリカインターン・スタッフ紹介 アメリカインターン・社長の想い アメリカインターン・カウンセリング予約 アメリカインターン・メール相談

アメリカインターンシップの事ならアメリカインターン・ドットコム

アメリカインターン・ドットコム ハワイインターンシップ アメリカ留学 海外研修 海外インターンシップ

© 2016 アメリカインターン・ドットコム. All rights reserved. 【 アメリカで働くならアメリカインターン