資格 + インターンシップ

カナダ就職への近道!資格取得 + インターンシップ、そして就職へ!

Post Graduation Working Permitとは?

カナダ政府指定の学校を卒業した留学生向けに、カナダで就労経験を積むために発給される就労ビザです。通常公立の大学卒業生にしか下りないビザでしたが、ブリティッシュコロンビア州では2011年1月より期間限定(2013年1月まで)にて、一部の私立専門学校卒業でも取得が出来るようになりました。2年未満のプログラムを卒業した場合、就学期間と同じ期間のPost Graduateビザ、2年以上のプログラムを卒業した場合は、最長3年間の同ビザが発給になります。

ワーキングホリデー以外の方法で、どの職場でも合法的に就労できるオススメのビザです。Co-opビザだけの場合と違い、1年間就労後、移民への道もございます。

【 注意事項 】

※最短で、Co-opプログラムを8ヶ月以上履修する必要があります。
※専門学校入学時、英語力が満たない場合は語学学校に通う必要があります。

英語力の必要性

専門学校留学になりますので、TOEIC700点以上、TOEFLiBT61点以上レベルの英語力が入学時に必要となります。英語力のスコアが足らない場合は、まずは語学学校からスタートしていた抱く必要があります。語学学校の手配もできます!

留学から就労までのステップ


  • STEP1 (4ヶ月以上):

    専門学校入学、専門課程を受講する
  • STEP2 (4ヶ月以上):

    専門課程修了後、受講した専攻に関わる業種・職種の企業にて、Co-opビザで受講期間と同期間のインターンシップを行う。
    ⇒STEP1とSTEP2の期間は、必ず同期間となります。
  • STEP3 (8ヶ月以上):

    BC州より、Post Graduation Working Permitという就労ビザが発給される。ビザ取得後、自分の希望する業種職種の企業にてインターンシップを行う。
    ⇒STEP1とSTEP2を合計した期間分と同期間、インターンシップができます。


対象となる専門学校と分野、学費の目安


資格 + インターンシップ * 期間はコース受講+Co-opインターンシップ期間の合計です。
* 上記期間終了後、Post Graduation Working Permitにて1年間就労ができます。

GCSのサポート

プログラムカウンセリング / 入学手続き代行 / 学生ビザ申請代行 / 日本人スタッフだから安心!カナダ現地オフィス生活サポート

アメリカ インターンシップ お問い合わせ アメリカインターン・選ばれる理由 アメリカインターン・スタッフ紹介 アメリカインターン・社長の想い アメリカインターン・カウンセリング予約 アメリカインターン・メール相談

アメリカインターンシップの事ならアメリカインターン・ドットコム

アメリカインターン・ドットコム ハワイインターンシップ アメリカ留学 海外研修 海外インターンシップ

© アメリカインターン・ドットコム. All rights reserved. 【 アメリカで働くならアメリカインターン