OPT (Optional Practical Training) とは、大学やコミュニティーカレッジ、一部の専門学校などを卒業後に与えられる制度で、学んだ専攻分野に関連性のある職種にて最長1年間の企業研修を受けることができます。
多くの留学生にとってOPTはアメリカでの企業体験ができる、とても貴重な嬉しい特権となっております。

OPTの特徴

アメリカで合法的に働けるOPTを活用しよう!

OPTで就労許可を受けた外国人卒業生は2017年に過去最高の276,500人に達しました。
インドや中国の留学生がその大半を占めていますが、その中で日本人学生はたったの0.7%!
アメリカの就労ビザH-1bビザよりOPTの発給数が上回っており、学位を取得している優秀な留学生にはアメリカに残ってビジネスの現場で働くチャンスが広がっています。

● 経験豊富なスタッフがサポートします!

SKYUSでは、留学生の皆さんにはなるべく有給で働いていただけるよう、ホストカンパニーとの報酬額の交渉をしております。
研修先を探す時、今のお住まいとは異なる都市の企業の面接を受けるのは難しいですが、SKYUSは主要3都市にオフィスを持つ強みを生かし、全米からあなたの希望に合った研修先との面接をセットアップさせていただきます。
また、OPT期間中は緊急サポートデスクもご利用いただけるので安心です。

アメリカで合法的に働き、就職に活かすことができるOPT制度を活用しませんか?

OPTについてよくある質問

OPT申請条件

はじめに申請条件に当てはまっているかチェックしましょう。

在籍校の許可を得ること

フルタイムの学生として、1年以上(one full academic year) は学生ビザ(F-1)で就学し、在籍する大学などから許可を得る必要があります。

学位取得予定または学位保持者

学位(Associate Degree、Undergraduate Degree、Masters Degree、PhD)取得予定または取得済みの方。在学中でも利用可能です。

日常英会話以上の英語力

受け入れ先企業や職種、エリアによっても異なりますが、TOEIC600点以上の日常英会話力が求められます。

無料査定

学んだ専攻に合わせてご紹介できる企業があるかどうか診断します

OPT申請とインターン開始までの流れ

ご希望の職種のヒアリングと経歴査定をはじめに無料で行います。
OPT期間を無駄にしないよう、早めに行動しましょう。

SKYUSではニューヨークとカリフォルニアにオフィスがあり、企業選定からインターンシップ開始後まで日本人スタッフが一貫してサポートしています。

OPT期間中、インターンシップ研修生としてどんな企業でどんな仕事をするかということは、その後のキャリアに繋がる大切な選択です。日本に帰国後の就職を考えた時にも、この1年間のOPT期間中の経験や得たスキルはあなたの強力なセールスポイントになるでしょう。

中にはOPT中に企業に認められ、就労ビザを取得してアメリカ国内でキャリアアップをしていく人もいます。

しかしながら、自分一人の力ではなかなか目指すキャリアに結びつく研修先を見つけることが難しいことも事実です。1年間という限られた時間だからこそ、OPT取得前から着実に準備をし、研修先を決める必要があります。

OPT有給インターンシップ事例

OPTで働けるインターンシップ求人例

ニューヨークとカリフォルニアにオフィスを構えるSKYUSでは、
日本人スタッフが様々な求人企業の開拓を行っています。

多数の求人から、ご希望に沿ったプランをご案内します。

インターンシップ求人例

  • 【ニューヨーク】コンサル企業でマーケティング
    【ニューヨーク】フォトスタジオで撮影アシスタント
    【ニューヨーク】旅行会社でオペレーション業務
    【ロサンゼルス】海外進出支援サポート業務
    【ロサンゼルス】食品輸入物流会社で貿易事務
    【ロサンゼルス】広告代理店での企画営業

まずは無料査定から

OPTに興味がある、チャレンジしてみたい、という方は、まず無料査定をご利用ください。

専門カウンセラーが学歴や英語力を確認させていただき、どのような企業でご提案可能か診断させていただきます。

将来の海外キャリアの第一歩としてお気軽にお問い合わせ下さい。

無料査定

学んだ専攻に合わせてご紹介できる企業があるかどうか診断します


OPTについてよくあるご質問

Q. OPTは誰でも参加できますか?

A. OPT(Optional Practical Training)の場合は、一部のアメリカの大学・専門学校がF-1ビザで1年以上就学された留学生に対し、卒業後1年間の就業体験の機会を与えるものです。その為、OPTプログラムのあるアメリカの大学・専門学校に通った留学生のみ取得できる権利となります。

Q.有給でのOPTは可能ですか?

A. OPTの場合は、企業側の規定によって報酬額が決まります。アメリカ人大学生が無給でインターンシップを行うことが多いので、米系企業は無給での研修が多いのですが、SKYUSではOPTに参加される皆様が安心して生活ができるよう、有給でのOPTを推奨しております。現地スタッフが企業へ交渉をさせていただいております。

Q. 自分の希望にあった会社を紹介してもらえますか?

A. OPTの場合は、学校側で認められた業種に基づいて企業をご紹介しております。どの分野でOPTができるかについては、学校のヘルプデスクやキャリアサポートの担当者にお伺いの上、SKYUSにご相談いただければと思います。

Q. 申込から採用までにはどのくらいかかりますか?

A. 書類選考から面接、採用まで、早い方で約2週間~1ヶ月くらいです。ただ、OPTの場合は、在学している大学、又は専門学校を通して、EADカード(OPTの許可証)を発行していただく必要があり、そのカードに記載の有効期限でのOPTが可能となおります。EADカードを所得後、お手配を進めさせて頂いておりますが、カウンセリングや無料査定は事前に承れますので、何なりとご相談くださいませ。

Q. OPT中に何か問題が起きた際はどうしたらいいですか?

A.SKYUSの現地オフィススタッフによるサポートデスクをご利用いただけますので安心です。事件に巻き込まれてしまったなど、何か困ったことが発生した際には、いつでもご連絡ください。

Q. 滞在先の手配は可能ですか?

A. もちろん可能です。他州から移動してNYやLAでOPTをされる学生さんが多いので、最初の1カ月はホームステイ(ルームレント)をご案内しております。その間に長期で住めるシェアルーム等をご自身で探し、滞在していただいております。詳細はSKYUSにお問い合わせください。

Q. OPT研修企業の変更は可能ですか?

A. 可能ではありますが、OPTの期間は12か月間しかありませんので、企業変更を行うと残り期間が短くなってしまいます。期間が短くなると新しい受入企業を決定するのが困難になります。そのため、企業の変更はあまりお勧めしておりません。
ご変更される際は、学校に報告して情報を新しい企業に変更していただく必要がございます。