有給インターンシップ

アメリカ有給インターンシップ

アメリカ長期有給インターンシップ

[ アメリカ国務省認定プログラム ]
“将来のキャリアアップ”や”アメリカでの就職”を目指すなら、有給インターンシッププログラムがオススメです。
このプログラムはJ-1ビザを取得し、給与を受け取りながら12ヶ月もしくは18ヶ月の間、フルタイムでインターンシップ研修生として働くことができる、アメリカ国務省認定のプログラムです。(J-1ビザとはについて)

日本とは異なるビジネスの考え方、進め方、価値観といったものを実地で学びながら、ビジネス英語や様々なスキルを習得することができます。

[ インターン修了後 ]

有給インターンシップの業種は、貿易、商社、IT、不動産、物流、旅行、ホテル、ウェディング、アパレル、出版、小売など様々です。
又、職種もセールス、マーケティング、事務、経理、その他にもあなたの希望を基に、英語力やバックグラウンドを合わせてご紹介致します。
この長期有給インターンシップ後には、培ったスキルや英語力、様々な経験を日本でのキャリアアップに活かしている方、更にはこのインターンシップ中にインターンシップ先企業からのオファーによりその企業へそのまま正社員として就職される方もいらっしゃいます。

[ プログラム概要 ]

  • インターンシップ期間:12ヶ月または18ヶ月
  • 取得ビザ:J-1ビザ(J-1ビザとは
  • 対象都市:ニューヨーク、ロサンゼルスを中心とした全米各都市
  • 研修内容:受け入れ先企業により異なります
  • 支給給与:平均$600~$1800/月(企業により異なります)
  • 参加条件:
    1. 年齢:20歳~35歳くらい(あくまでも目安です)
    2. 学歴:高校卒以上(アメリカ国外での学歴)
    3. 職歴:高校卒の方…アメリカ国外で5年以上の職歴
    4. 専門学校/短大/大学卒以上の方…アメリカ国外で1年以上の職歴

  • 必要とされる英語力:受け入れ先企業や職種、エリアによっても異なりますが、TOEIC600点程度の英語力が必要です。

[ J1ビザとは ]

J1ビザとは
J-1ビザとは交流訪問者ビザと呼ばれるビザで、夏季実習プログラムやオペアプログラムなど様々なカテゴリーに分かれていますが、その中にトレーニング・インターンプログラムというアメリカ国内でのインターンシップの為のカテゴリーが含まれています。
このビザを取得することで、アメリカ国内で合法的に有給インターンシップを行うことができます。このビザの申請の為にはDS-2019と呼ばれる申請書類を発給できる、米国政府認可プログラム機関であるNPO団体から交流訪問者として受入を認めてもらう必要があり、その為にはインターンシップ研修中のトレーニングプランなど、NPO団体からの認可を得られるだけの申請書類を提出する必要があります。

無料カウンセリング実施中

求人情報の詳しい情報、インターン後
のキャリア相談などお気軽にご相談下さい。
東京オフィス 03-5786-1850
大阪オフィス 06-6232-8615
東京オフィス 03-5786-1850
大阪オフィス 06-6232-8615
求人をさらに読み込む